成功に向けての大切な話をします。
ラポールについて話します。



目次

1.ラポ-ルとは?
2.自分とのラポ-ルについて
3.成功に向けてのラポ-ルの活用
4.まとめ

nurse3_1_question


1.ラポ-ルとは?

ラポールとは、信頼関係を築いた状態。
コーチングするときのコーチとクライアントの関係。
コンサルティングする時の、コンサルタントとクライアントの関係。
セッションがうまく作られるときは、ラポールの状態が作られ維持できている状態です。
ラポールは2者の関係性を表します。

私の場合は、患者様、患者様ご家族様との間でラポ-ルを築くことで、良き看護サ-ビスの提供が出来ます。

reception-nurse-patient-bedside-thumbnail


2.自分とラポールについて

自分自身へのラポ-ルとはどういうことでしょうか?

自分とのラポールとは、、、
『今までの自分』『成功を手にして未来を描く今の自分。』
この者の間で、ラポールを作る状態。
成功するか否かは、まさにこの二者との交渉。
簡単に言うと、今までの自分に賛同が得られないから、成功の行動をとったり、
成功の状態を手に入れることができない。


セミナーに出て、『よし、私も成功に向けて頑張るぞ!習ったことを習慣化して、
実践するぞ。』
そう固く決意したのに、、
『今日は忙しいから明日に。』
その次の日は、
成功する人は、成功に向けて、一歩一歩進みます。
成功しない人は、成功しない道を一歩一歩進みます。
成功するか否かはこの差です。
成功する人はどんなに忙しくても、一日決まった時間の中で少しでも時間を作る努力をします。
そして、それを習慣化させています。
成功するか否かは、わずかな差。

成功3



人間はネガティブになったり、ポジティブになったりしますよね。
成功する人の脳の対話を聞くと高確率で成功する方法が見えてくる。
その重要な要素が、自分とのラポール。
これが成功、そして長期的な成功状態を手にする原動力となるのです。
成功に必要な要素は、ずばり自分とのラポールなんです。

3.成功に向けてのラポ-ルの活用

人は変化を危険ととらえ、現状維持に力が働く。
現状維持より、変化によるメリットが勝ったときに人は動き出せ、行動を継続できる。
『今までの自分』と『成功を手にする未来を描く今の自分』成功に向けて手を組むべきだ。
その二つの関係が WIN-WINの関係になることが大事なんです。


・インパクトの強さ×回数による変化
・セルフイメージが変化することで変われるとき。

自分の脳内対話を観察して自分の癖をつまむことで、
次に意識して、対話に変化を与えます。
リラックスした状態のときにいい内的会話が出来ますよ。


成功に向かうポジティブな発言の回数を増やし、インパクトを強くしていくことで自分のセルフイメ-ジが
成功に向かっている未来の自分に近づいていくことになるわけです。
ラポールに、有効なのはペーシングとキャリブレーション(観察力)
現状維持派の『今までの自分』が革命派の『成功を手に入れる未来を描く自分』にリーディング(誘導)され、互いに協力して、成功への革命を実施します。

1.『成功を手に入れようとする未来の自分』と『今の自分』は最初はペースを合わせる。
2.ラポールが形成
3.リーディングをして一緒に変化する。
4.今までの自分とこれからの自分と成功の道を歩む。

成功4





4.まとめ

ラポ-ルは2社間での信頼関係が築きあがった状態。
自分とのラポ-ルにおいては、現在の自分から未来の成功を手に入れている自分との間で行われるもの。
内的会話を繰り返し、ポジティブな会話を繰り返し、成功しているセルフイメ-ジを強していきます。
さらに、未来の成功している自分が、現在の自分に対し、リ-ド
するとラポールの状態を作りやすいです。
今までの自分と、これからの自分とがタックを組んで成功への旅の準備を行っていけるといいですね。



BMTSプログラムでは、心理術講座も取り扱っております。
成功者が成功出来るように、モデリングされた教材となっております。
プログラム化されており、学びやすくなっているのも特徴です。
あなたも、心理術講座を学んで成功を手に入れませんか?

https://www.infotop.jp/click.php?aid=388987&iid=84384


ニュ―プロ